5日間でSPI非言語攻略!

「SPI(非言語)」を「5日間」で、どう勉強すべきか?


  • 各1日は「ここまで、やったら終わり!」という、やるべきこと!ですので、人によりかかる時間は異なりますが、いったん90分を想定したプログラムでご紹介。
  • SPIを攻略する上で大切なのは、「攻略する!」というエネルギーをいかに継続させるか?なので、そのアドバイスを3つ


やりきるための3つのポイント


SPI非言語の模擬試験を無料で公開!

7割以上の正解ならあと一息!9割以上なら学歴の壁を突破できます!

足切りされて、面接にも行けない!とならないようしっかりと対策を!



面接でどう優位なのか? ~就活を終えた先輩の声~

世間では“足切り”だと言われているSPIですが、ウイニングは「SPIを最強の武器に」を掲げています。私は“ウイニング式SPI攻略プログラム”を受け、某社のSPI試験を上位2%以内の成績で通過しました。

その結果、最終面接は終始和やか。その場で内定をいただきました。一方、同じ日に面接を受けた友人は私よりずっと学歴が高いのですがSPIを合格点ギリギリで通過し、同じ面接官だったにもかかわらず、終始圧迫面接。彼は合格できなかったそうです。意外と軽視されがちなSPIですが、ウイニングで徹底的に鍛えて本当によかったです。


さあ、はじめよう!5日間の進め方をご紹介!これで、皆もハイスコアラー!

では、具体的に決戦の5日間をどう過ごすのか?

1日ずつご紹介していきます。