037=「お前はブッタを目指すのか?」の罠

就活生が「大好物」なのが、

自己分析

本当に、就活生が嵌りにハマっているのが「自己分析」

私はいったい、どんなヒトなのか?


私はどんなシゴトが自分に向いているか?


そう、この問いを自分に投げかけて、答えを出そうとしている


しかしだ、そもそも、

「私はいったい、どんなヒトなのか?」なんて、ブッタの境地。
 悟りの境地


「私はどんなシゴトが自分に向いているか?」なんて、
 仕事した事ないのに、無理


この「自問自答」自体は“人生”にとっては物凄く重要なことかもしれない。
しかしながら、この自問自答したところで、欲しい答えはでない。

これが、多くの就活生が足を踏み入れてしまうアクシデント


自己分析 ならぬ、「事故」分析


じゃ、どうすれば、いいか?


やりたいことを明確にしたければ、「やりたくないこと」を
明確にすればよい


やりたいことは浮かばなくても、「やりたくないこと」は浮かんでくるから不思議だ


自己分析に時間を費やして、いつまでも「もやもや」しているくらいだったら、


「やりたくないこと」の洗い出しに時間を使ってみよう


社会人となっている先輩の顔を思い出し、


◎あの渡邉先輩のシゴトはやりたくないな

◎でも、はる先輩の仕事はやりたい。

◎南先輩の仕事は好きだけど、俺は無理やな。

◎村田さんのシゴトの、あの業務はやりたいな


という風にしていくとどんどん、明確になっていく


さぁ、先輩のシゴトを「自分勝手に」批評しちゃえばいいのさ


ウイニング就活塾 代表 タカマツ

ブログ一覧に戻る